コロナに立ち向かう音楽業界

Pocket
LINEで送る

音楽業界はコロナウイルスの影響を強く受けており、生演奏による収入が最大の犠牲者となっています。
6か月の操業停止は、スポンサーシップにおいて業界に100億ドル以上の費用がかかると推定されており、長い遅延はさらに壊滅的です。
業界は、音楽消費と革新的なモデルを収益化する新しい方法で反撃しています。Fortniteは、約3,000万人のライブ視聴者を魅了したライブラップコンサートを主催しました。
危機は、ストリーミングの重要性に基づいて、音楽業界の根本的な傾向を加速させる可能性があり、ストリーミングは、わずか6年間で業界全体の収益の9%から47%に成長しました。

音楽のビジネスモデル

世界の音楽業界は500億ドルを超える価値があり、2つの主要な収入源があります。1つ目はライブミュージックで、総収益の50%以上を占め、主にライブパフォーマンスのチケットの販売から得られます。

2つ目は、録音された音楽で、ストリーミング、デジタルダウンロード、物理的な販売、同期による収益(映画、ゲーム、テレビ、広告用の音楽のライセンス)を組み合わせたものです。今日の録音された音楽は、音楽レーベルと消費者の両方によるストリーミングサービスの採用の増加の証である、業界の海賊版前のピークに近いものです。現在、ストリーミングは録音された音楽収入のほぼ半分を占めています。

Pocket
LINEで送る