GLARD

ありあまるテクニックをこれだけキャッチーな楽曲に落とし込めるものなのか、と初見で驚愕させられた「GLARD」。愛する大阪を離れたこと、最新作収録作品に共通する「D」の意味、強い信念とともにヴィジュアル系シーンで活動する彼らの内面を紐解くべく、インタビューしました。

Pocket
LINEで送る

ELICITYインタビューお受けいただき、ありがとうございます。
早速ですが、メンバー皆様の自己紹介をお願いいたします。

Naoya:
VoのNaoyaです。

Takeshi:
GtでリーダーのTakeshiです。

Hayato:
GtのHayatoです。

Re:o:
BaのRe:oです。

Mamoru:
DrのMamoruです。

GLARD結成の経緯を教えてください。

Takeshi:
元々Naoya、Takeshi、Hayatoの3人が初期メンバーで2013年に結成し、メンバーチェンジを繰り返し2017年3人で大阪から東京に上京し、今のメンバーと出会えました。

メンバー皆様それぞれの音楽的なバックグラウンドを教えてください。

Naoya:
J-pop,J-rockです。

Takeshi:
EUROBEAT,METAL,HARDCORE,CLASSICです。

Hayato:
DEATHMETALです。


Re:o:
LOUD,METALCORE,HARDCOREです。

Mamoru:
HARD ROCKです。

どこまでなキャッチーなメロディとコード進行をベースに、時折みせるメタルコア的な刻み、ビートダウンや早弾きチックなソロなどのエッジさがGLARDの大きな魅力だと感じました。耳にすっと入ってきやすく、V系以外のロックファンへの訴求力もあるかと思います。その点で、

①楽曲制作ではなにを重視していますか?

Naoya:
まずは自分たちが「めっちゃカッコイイ!」ってなるかどうか、そこからここをもっとこうした方がノリやすい、頭振りやすい、暴れやすい、とかライブを想定して作り込んでいきます。

②GLARDの曲ができるまでのプロセスを教えてください。

Takeshi:
僕がバックの楽曲を作り込んで完成に近い状態でみんなに聴いてもらって、スタジオで合わせながらアレンジしていき、バックが完成したらNaoyaに丸投げで歌メロと歌詞をつけてもらってます。

③バンドとして、この音楽性に行き着くまでの過程を教えてください。

メタリックさラウドさのある楽曲に聴きやすい歌メロというスタイルは結成当初から変わってなくて、長く共に活動を重ねてやっとメンバーそれぞれの個性が上手い具合に交わってきたなと思ってます。

競合として意識しているアーティストを教えてください。

ジャンヌダルク、アシッドブラックチェリー、シャムシェイドです!笑

昨年発売した「Depature」について、タイトルは「出発」「去る」の意味を持ち、ポジティブにもネガティブにもとれるような言葉をチョイスされています。
また、収録曲に全て「D」の文字がつくなど、意味ありげな印象を受ける作品ですが、こちらの最新作について紹介をしていただいてもよろしいでしょうか。

Takeshi:
よく気づいて下さいました!めちゃめちゃ意味があります!
Departureは大阪から東京に上京したときに創りました、大阪が大好きで離れたく無かったのですが、ベースとドラムがいなくて募集しても「こいつや!」ってのが全く居なかったんです。
で、目の前が真っ暗になったのですが、東京に出てみたらどうやろ?って考えてみたら未来が見えました、なのでバンドを続ける為、大きな覚悟と共に大好きな大阪を離れました、なので「旅立ち(Departure)」です。

そして東京で出会ったベースのRe:o、ドラムのMamoru、運命のように出会え、このメンバーで力尽きるまで駆け抜けたい、そう思えました、なのでこのメンバーで初めて作ったSINGLEに入っている曲はGLARDの最後の1文字「D」が全曲に入ってるんです。

現在活動されている、またはする予定のシーンについて、意識されている課題はありますか。

今、誰もが「ヴィジュアル系はもう先が無い」って言ってロックバンドに転向したり、メンズアイドルになったりが多いです、でもそんなもんまだまだこれから時代はどうなるかなんか分からないし、歴史に名を残したいから自分が信じたヴィジュアル系のシーンで強い信念を持ってブレずにやっていきます。

メンバー皆様の個人として音楽を続けるモチベーションと、GLARDとして音楽をするモチベーションを教えてください。

メンバー全員一致で、全ては楽しいかどうか、それに尽きます。

今後、バンドとしての目標やプランを教えてください。

一番近い目標はワンマンをする事です、どこで、とかではなく、GLARDがワンマンをする、です!2020年内には頑張ってやりたいです!

読者へのアピールやメッセージをお願いします。

まだ再始動して1年生のGLARD、これから2年目なんで勢い上げて色々と楽しい事を考えてます!
この記事を見てくれた皆様有り難うございます!見てもらえたということは何か「縁」があるはずです!
是非GLARDをチェックしてみてください!宜しくお願い致します!!!

Offcial WEB:http://glard.net/
Twitter:https://twitter.com/glard0623
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC-nr8oGy3MPcwvdygMlIa5g

Pocket
LINEで送る