大衆演曲ケダマ。

完成された世界観とは裏腹に、「やりたいように楽しみ、暴れている」「特に決めていない」などの型に嵌らない思想がいくつも見えた今回のインタビュー。新作「自傷」についてをはじめ、彼らの意志や目標について語っていただきました。

Pocket
LINEで送る

ELICITYインタビューお受けいただき、ありがとうございます。 早速ですが、メンバー皆様の自己紹介をお願いいたします。

座長 赫猫:
唄と奇声と罵声座長赫猫です。

利野:
上手でギター弾いてる蛇男です。

雹:
下手ギター担当ひょうです。フットサル部門ではGKを担当しております。全ては星座の導きのままに。

憂羅:
宴会とベース担当、憂羅です。毎度お酒飲みすぎでジャンキーって呼ばれてます。

大衆演曲ケダマ。結成の経緯を教えてください。

ロックの神が皆を引き寄せた。

メンバー皆様それぞれの音楽的なバックグラウンドを教えてください。

座長 赫猫:
パンク、ハードコア全般。

利野:
蛇を呼ぶ時の音色、民族音楽全般。

雹:
気づいたらギターを抱え生きておりました。
中心にあるのはプログレッシブ系やスラッシュメタルの影響が大きいかも。

憂羅:
80年代ハードロック、メタルが中心になっている。

大衆演曲ケダマ。が目指すバンド像はどのようなものでしょうか。

純粋に楽しめるバンドならなんでもいい。

和を基調とし完成された世界観が衣装、メイクやホームページなど随所に徹底されていますがこちらについて解説いただいてもよろしいでしょうか。

大正ロマンや和洋折衷なものを取り入れたアヴァンギャルドなロックです。

激しさを感じるアレンジながら、楽曲から「歌を聞かせたい」「歌ものとして届けたい」という意志を感じますが、バンドとしてこの音楽性に行き着くまでの過程を教えてください。

特に決めてやっていません。
皆がやりたいものをやり、楽しみ、暴れています。

大衆演曲ケダマ。の曲ができるまでのプロセスを教えてください。

座長 赫猫のイメージを元に利野が完成させていく流れが多いです。

競合として意識しているアーティストを教えてください。

特におりませんが、どのアーティスト様にも音楽的要素もちろん、ライブでの生音、パフォーマンス等で負けないよう努力しています。

ライブでは上述の通り歌をしっかり届けつつも、エンターテイメント性の高いステージをされていますね。音源とは別にライブで重視していることを教えてください。

とにかく自分が楽しめるように
型にはまったやり方はしないように
日々試行錯誤してます。

そしたらいつか届くと信じています。

「自傷」のMVを拝見しました。心の闇を描いたようなストーリーと歌詞でしたが、コンセプトを教えてください。またMVなどのストーリーはメンバーの方が考えたのでしょうか。

多少演出時のサポートはございましたが、座長 赫猫がすべて考えました。

自傷といいながら人を殺しているんです。
タイトル詐欺です。
裏切りについてのやり場の無い怒りを表現しました。
人間トチ狂っちゃう時ってありますよね。
それです笑

現在活動されている、またはする予定のシーンについて、意識されている課題はありますか。

どうしたら沢山の人に自分たちの音楽が聴いてもらえるか、ライブを観てもらえるかが常に課題だと思います。

メンバー皆様の個人として音楽を続けるモチベーションと、 大衆演曲ケダマ。として音楽をするモチベーションを教えてください。

皆多少描いてるものは違いますが、素晴らしい景色が見たい、それだけです。

今後、バンドとしての目標やプランを教えてください。

まだワンマンをやっていませんので、それをやることそして成功することです。

読者へのアピールやメッセージをお願いします。

きっかけはなんでもいいです、大衆演曲ケダマ。の曲、ライブなどに一度触れてみてください!
一緒に楽しみましょう!

Official WEB:https://www.ke-dama.com/
Twitter:https://twitter.com/official_kedama
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCGIYpp-yiwQsHHl0RKKx9iQ

Pocket
LINEで送る