ラヴェーゼ

「深淵への契約」をコンセプトに活動するラヴェーゼ。ヴィジュアル、楽曲ともに暗く重たい世界観を持ち、昨今増えてきた「近づきやすいアーティスト」とは相反する彼らはどんな想いで活動を続けているのか。新作「Black Lily」のコンセプトである、黒百合の花言葉「呪い」の対象は....。イメージとは少しギャップのある、コミカルな部分も垣間見えた今回のインタビュー、お見逃しなく。

Pocket
LINEで送る

ELICITYインタビューお受けいただき、ありがとうございます。
早速ですが、メンバー皆様の自己紹介をお願いいたします。

紗弥:
トトロ大好きなボーカルの紗弥です。

凪斗:
深淵のイケメン兼天使担当。上手ギターの凪斗です。

聖薇:
ギターのセラです。わたくしはナイスな人民です!

大和:
ステージとステージ外180度異なる二重人格ベーシスト大和です!

ラヴェーゼ結成の経緯を教えてください。

凪斗:
初めにセラさんに誘われてオレと前任Ba.のひなきさんとで活動を始めようという事になりましてその後Vo.としてさやさんを誘(いざな)いました。その後Dr.と5人でラヴェーゼを始めました。
家庭の事情があり、脱退してしまったひなきさんの跡、ラヴェーゼというバンドに共感してくれたやまとさんが加入し、今の形となります。

ラヴェーゼのバンド名の由来を教えてください。

紗弥:
外国語で悪魔の口づけ的な感じです。

メンバー皆様それぞれの音楽的なバックグラウンドを教えてください。

紗弥:
小学生の頃はORANGE RANGEさんが大好きでした。中学生になりAqua Timezさんが好きになり高校生でthe GazettEさんにハマりました。今でもずっと憧れです。

凪斗:
元々、ヴィジュアル系というものをあまり聴いてこなかったのですが、たまたまVersaillesさんやMegaromaniaさんの楽曲に触れる機会があり、衝撃を受け、そこからヴィジュアル系というものにハマっていきました。

聖薇:
山下達郎、ZARD、竹内まりや

大和:
基本的に昔からJPOPが好きでした!ヴィジュアル系は初めは抵抗がありましたが初めてセッションに誘われこのシーンでのライブをした時に、お客さんのノリが最高に気持ち良かったので、そこから徐々にって感じです!

「深淵への契約」のコンセプトを掲げようと思った理由はなんでしょうか。

聖薇:
なんか良い感じだから!

ラヴェーゼが目指すバンド像はどのようなものでしょうか。

大和:
一つ一つ段階を踏んでいくこと!それを契約者と分かち合えたらいいですよね!

「Black lily」のMVを拝見しました。
叙情的なコード進行&歌メロをベースにメタルコア的リフのエッジさに、古き良きヴィジュアル系のDNAとモダンなラウドサウンドの絶妙な融合を感じることができました。
このテーマ、コンセプトを教えてください。

紗弥:
ラヴェーゼの楽曲の中で花言葉の曲が2曲ありまして、今回花言葉だけの音源を作ろうという所から始まりました。
黒百合の花言葉は呪いでしたので、その世界観を出した作りになっております。
少し解説しますと、大切だった人を信じられなくなり呪って壊すのですが、正気に戻ったとき自分の周りには何も無くて一番呪われていたのは弱い自分だったという感じです。

ラヴェーゼの曲ができるまでのプロセスを教えてください。

聖薇:
鼻唄をふんふん♪してiPhoneのボイスメモに残してます。そうして集まったいくつかの鼻唄を繋げて完成!

競合として意識しているアーティストを教えてください。

紗弥:
全人類です。その中でも昨日の自分には勝ち続けていきたいです。

凪斗:
全てのバンドさんを勝手にライバルとして意識してますが、特に同じStarwaveのバンドに対しては絶対に負けないようにとは思ってます。No.1になってどんどん高みへと向かっていきます。

聖薇:
頑張っているバンドは全てライバルだと思うと同時に、尊敬しています。

大和:
自分自身ですね!競合というか憧れてるアーティストから自分のオリジナルを生み出す!自分を持てない奴はいくら意識しても無駄なので!

3年以上のキャリアをお持ちですが、これまで一番大変だったこと、嬉しかったことを教えてください。
バンドをやり始めたときの自分達になにか言えるとすれば、どんなアドバイスをしますか。

紗弥:
バンドを通して沢山の人と出会えた事が嬉しいですね。
大変だった事は2部制単独公演の当日に喉が潰れてた事です。まだ過去にアドバイス出来る程の感じでは無いのですがあえて言わせてもらえれば、目先の事だけじゃなくて少し先まで見て歩けたらいいねって事ですかね。

凪斗:
自分が好きでやってるので大変だと思った事はあまり無いですね。
あったのかもしれないけど皆さんの応援の声やライブでの楽しそうな姿の方が心に残ってます。単純に皆さんの笑顔がとても嬉しいですね。過去の自分に何か言うとすれば、ひたすら必死に考えろ。ってこと。楽しい楽しくない辛い辛くないも自分の気持ちや心次第でなんとでもなるからとにかく必死にやれと。

聖薇:
バンドをやりはじめた頃の自分には『バンドをやってもモテない』と伝えたいです…。

大和:
とりあえずメンバー全員に俺を誘ってくれてありがとうってことですね!
大変だったことはもう時効だと思うので言いますが、今年の1月雪道での機材車のスリップ事故です笑
過去の自分には言いたいことは全てメンバーに伝えろ!溜め込むな!って感じですか笑

現在活動されている、またはする予定のシーンについて、意識されている課題はありますか。

紗弥:
意味のあるプロモーションです。

凪斗:
古くから続いているヴィジュアルシーンの中で自分が最も惹かれたのは独特の世界観なので、その世界観の創りこみや徹底をもっともっと深く突き詰めていくのがこれからの課題であり挑戦だと考えています。

聖薇:
メンヘラ的なテーマを掲げている、同じようなバンドが多いので、そういうバンドにならないようにしたいなと思っています。

大和:
引き続きブッキング、そして自分らの存在感を全面的に出せるようにしていければと!

メンバー皆様の個人として音楽を続けるモチベーションと、
ラヴェーゼとして音楽をするモチベーションを教えてください。

紗弥:
歌うのが好きなことです。ラヴェーゼでしか出せない世界観をメンバーと契約者達で創り上げることが楽しいので、これからもそこは変わらないと思います。

凪斗:
音楽は好きだから。それだけではあるけどそれが一番大切なことだと思います。
そんな好きという気持ちを俺たちに対して持ってくれる方々の存在がラヴェーゼを続ける理由や意味となってます。

聖薇:
モテたい!

大和:
そこに音楽がある限り俺の音はある!
(紗弥さんの)トトロをイジメられるからラヴェーゼはある!(真面目なことは他のメンバーに言われちゃったので笑)

今後、バンドとしての目標やプランを教えてください。

大和:
目の前のワンマンツアー!意地でも気持ち良くしてみせる!

凪斗:
ビジョンはもちろんありますが、そもそも目の前の一分一秒を死ぬ気で生きれない奴に望む明日は来ないと思ってるので。
あえてそれっぽく言うとプランはひとつひとつ着実に。目標は…無限大ですね。この世の全人類が契約者になってもまだ、もっともっと…って言ってそう←

読者へのアピールやメッセージをお願いします。

紗弥:
最後まで読んでくださってありがとうございます。日々辛い事や哀しい事などあると思いますが、その感情を深淵へ吐き出しに来てみてください。そして素敵な日々を過ごせますように。我々と深淵への契約をしましょう。

凪斗:
最後まで読んでいただきありがとうございます。少しでも興味を持ってくれた方、是非一度ライブハウスで一緒に過ごしませんか。心のすき間を埋め合いましょ。


聖薇:
上に行ってやるという意思を持って活動しています。まだまだな部分もありますが、1つ1つ改善してバンドとして成長していきます。よろしくお願いします。

大和:
つまらないとは言わせない!それだけ自信はある!あとは君次第!ありがとうございました!

Official WEB:http://labaiser.com/
Twitter:https://twitter.com/labaiser_info
YouTube (Starwave Records):https://www.youtube.com/channel/UC3GWZZ0BTHEk2F_WwmBElXQ

Pocket
LINEで送る