The Skies Above

突出した複数の要素は、必ずしも綺麗な形で融合しないことを多くの音楽通はご存知のはず。そんな方達の耳に是が非でも入れたいのが、高い技術力、歌唱力、楽曲センスを完璧なまでに共存させた彼ら「The Skies Above(ザ・スカイズ・アバーヴ)」。ミステリアスな彼らを少しでも紐解くべく、インタビューさせていただきました。

Pocket
LINEで送る

ELICITYインタビューお受けいただき、ありがとうございます。
早速ですが、メンバー皆様の自己紹介をお願いいたします。

IKKI: ボーカル担当のIKKIです。

Tomotaka: The Skies Aboveでベースを弾いてます。
Tomotakaと申します。

Daichi: The Skies Aboveで下手ギターを担当しています。Daichiと申します。

Junki: The Skies Aboveでドラムを担当しています。Junkiと申します。

Kotaro: 上手ギターとコンポーズを担当しています。Kotaroです。

The Skies Above結成の経緯を教えてください。

Tomotaka: 詳しい経緯は恐らくDaichiと自分しか知らないと思います。
数年前にVo.Ikkiが所属するバンドR.O.L.A.がNo Zodiacのイベントに出演するという事で観に行きました。
その帰り道にDaichiにバンドやりたいねって話でスタートしました。
後に、Vo.Ikki→Gt.Kotaro→Dr.Junkiを誘いOKが出たので結成されました。

メンバー皆様それぞれの音楽的なバックグラウンドを教えてください。

Ikki: 元々、父親がギターをやっていた影響で幼い頃より色々なジャンルの音楽に囲まれた生活をしていました。
中学生の頃になんとなく立ち寄ったCDショップでメタルのCDを手に取ったのが自分の音楽のルーツの始まりだと思います。

Tomotaka:入り口は、椎名林檎、L’Arc〜en〜Ciel、Nirvana、Red Hot Chili Peppersでした。
入り口として聴いていた人達のバックグラウンドを遡り、また、そのバックグラウンドを遡り…といった聴き方をして、かつ、ベースなのでとにかくテクニカルなベーシストと記事だったり話を聞いたら音源を買って聴いてました。

Daichi:音楽にのめり込んだきっかけは、テレビでナイトメアを聴いて衝撃を受けたことでした。
ナイトメアにハマったことで咲人さんに憧れてギターをはじめました。
そこからDELUHI,the Gazette,Alice Nine,girugameshなどをよく好んで聴きました。
中でも、DELUHIは今の自分に大きな影響を与えてくれたバンドです。

Junki:幼少の頃からJordan RudessやDream theater、Rushなどが流れている環境で育ちプログレッシブメタルに知らぬ間に興味を持っていました。次第に音楽のレンジが広がりRed hot chill peppers や東京事変、いきものががりなど多種多様に音楽の好みが広がっていきました。

Kotaro:中学に入った頃からT.M.Revolutionの西川貴教氏がボーカルを務めるabingdon boys schoolのヘヴィーなバンドサウンドに憧れてギターを始めました。4〜12歳まではピアノをやっていました。高校に入ったあたりからより複雑かつ美しさのある音楽を求めてDream Theaterを聴き感動を覚えてからはプログレッシブメタルに傾倒しました。

変拍子とテクニカルさの融合に加えて、日本人好みの美しい歌メロとシンセサウンド、日本語歌詞がThe Skies Aboveのユニークさだと感じています。
プログレッシブメタルコアとしての尖りは見せつつも、この「キャッチーさ、綺麗さ」についてとても強いこだわりを感じ、ラウド系のファンでないリスナーにも訴求力があると思います。
この音楽性に行き着くまでの過程を教えてください。

Tomotaka:バンドを結成するタイミングで、混沌とした様々なジャンルが混ざった新しいものがやりたいと言った話で音楽性は固まっていました。

Kotaro:メンバーの音楽の好みの共通点がテクニカルなものとV系やJ-Popだったのと、僕は複数のジャンルを融合させた音楽が昔から好きだったので、「プログレの複雑さと美しさ+J-Popのキャッチャーさ」という一見相反するジャンルを融合させたら面白いのではないかと思い曲を作り始めました。

曲作りのプロセスを教えてください。

Tomotaka:Kotaroが作るデモのベースラインを複雑化します。

Kotaro:まずメインやハイライトとなるようなリフ、フレーズを作ります。SF映画や自然の風景からインスピレーションを受けることが多いです。そしてそこから全体の構成を決めて連想ゲームや穴埋め的に各セクションを作っていきます。この時必ず伸びのあるキャッチャーな歌メロを入れるためにあえて他のセクションよりも簡単なコード進行や隙間と言ってもいいようなセクションを作ります。

意識している、または気になっているアーティスト・バンドがいれば教えてください。

Ikki:単純に好きというのもありますが、ボーカルのノリやムーブで意識してるのはSTRAY FROM THE PATHです。

Kotaro:僕達と同じく複雑な演奏とキャッチャーな歌という点では有形ランペイジさんは聴いていてとても刺激的です。最近ではJYOCHOさんの変拍子と美しいサウンドにとても感動しました。

今年7月にはOF VIRTUEの来日公演のサポートアクトとして参加されました。
国内からもSailing Before The Windなど力のあるバンドと共演されましたが、この機会はThe Skies Aboveのキャリアにどのような影響を与えましたか?

Tomotaka:Sailing Before The Windは自分達の初ライブの時に対バンさせて頂きました。個人的には、バンドを始める前からSailing Before The Windの音源は聴いていて、Bitokuさんの音作りが好きでした。
実際にライブを観て、あの音で…かつパフォーマンスも凄く、ベースのスタイルは違うのですが要素として吸収したいと思ってることはあるので模索してます。

Kotaro:OF VIRTUEのその場の空気をすぐに掴むライブ力には度肝を抜かれました。Sailing Before The Windさんには以前レコ発にも出演して頂いて縁のあるバンドなのですが彼らもやはり圧倒的なライブ力があり、音源だけはなくライブという場において感動と興奮を余すことなく伝える重要さを感じました。

2019年7月21日、新宿ANTIKNOCKにて「Morse tone Vol.1 -Enigma-」を開催されました。
イベントとして目指した形と、手応えを教えてください。

Tomotaka:自分達は2019/2/3に1st mini album”Storats”のレコ発イベントを企画しました。2/3以降、受け身のスタンスでいる状態が個人的に納得出来ず、自分達発信で何かをやるために企画をやる事を進めさせて頂きました。

イベント自体、楽器が好きな人達が本当に多く集まったかなりコアなイベントになったと思います。
(みんな、使ってるギター、ベースがオタクでした。)
アンチノックと共同企画のおかげで良いイベントになったと感じています。

Kotaro:僕達自身さまざまなジャンルを融合したバンドなので共通項は「変態」とだけ決めて(笑)その他のジャンルには囚われないイベントにしよう思いました。例えばCyclamenさんはマスロックセットでやって頂きましたしBlack Rainさんは叙情、ELYSIUMさんはDjentといったようにかなりバラエティに富んでいながらもどこか統一感のある素晴らしいイベントになったと感じています。

現在活動されている、またはする予定のシーンについて、意識されている課題はありますか。

Tomotaka:他ジャンルの人達ともやりたいと思っています。

Kotaro:所謂邦ロックなどの他のシーンに出ても違和感がないようなよりジャンルレスな楽曲を作っていきたいと思っています。

メンバー皆様の個人として音楽を続けるモチベーションと、
The Skies Aboveとして音楽をするモチベーションを教えてください。

Ikki:1番はコンポーザーであるKotaroの作る曲が好きというところですね笑

Tomotaka:続けるモチベーションみたいのは考えていなくてベースを辞めるつもりはないです。
色々なベーシストがいますが、音やプレイで自分と認識してもらえるようなベーシストになりたくて弾いています。

Daichi:音楽が好きなので、モチベーションがなくなる事があまりないと考えています。
毎日好きな音楽を聴いたり、探したりするのも楽しいですし、定期的に楽曲のMIX作業をしたり、ギターを練習する事でみつける発見がモチベーションに繋がってると考えます。

Junki:常に自分の想像を超えるようなフレーズや拍子を要求してくるのでその要求に応えていこうと奮闘する部分にモチベーションがあると思います。ドラムは割とMじゃないと続かないですね。私もMです。

Kotaro:自分の想像の中にあったやりたい音楽をやっているアーティストがいなかったので、それなら自分達でやってやろうという気持ちで活動しています。

今後、バンドとしての目標やプランを教えてください。

Ikki:レコーディングが好きなので音源をたくさん出したいです。

Tomotaka:2019年7月21日、新宿ANTIKNOCKにて「Morse tone Vol.1 -Enigma-」を開催しましたが引き続き企画します。
2019年9月7日 渋谷CYCLONEにて「Morse tone Vol.2 -Unnatural-」を開催します。
Vol.2です。Vol.1と同様に濃い企画になります。
是非、遊びに来てくださると嬉しい限りです。
(メンバーもフロアうろうろしたりしていると思うので良ければ声をかけてください。)

読者へのアピールやメッセージをお願いします。

Ikki:
The Skies Aboveがライブを始めてからおよそ1年と少し経ちましたが、日々進化を続けています。まだ見たことない人も見たことあるという人も是非ライブに足を運んで欲しいです。

Kotaro:
ここまで読んで頂きありがとうございます!僕達の音楽が気になった方は是非ライブに足を運んでみてください。変な音楽をやっていますがライブだとよりそれを感じられると思います!(笑)

Official WEB:http://theskiesabovejp.com/
Twitter:https://twitter.com/TheSkiesAboveJP
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCcXlgmjlZq2tzx58U8qt2Lg

Pocket
LINEで送る