URARACA

どことなく柔らかい光のような、そして聴くひとの心を素戻してくれる、URARACAの曲にはそんな力があると思います。 そんな自然体の3人からはこれから先のビジョンやEP「human E.P」の制作話、MV「Nephew」のコンセプトなどについて話を聞くことができました。

Pocket
LINEで送る

ELICITYインタビューお受けいただき、ありがとうございます。
早速ですが、メンバー皆様の自己紹介をお願いいたします。

ギターボーカルの手塚です。
ぎたーのぼーいです。
ベース鳥石!

URARACA結成の経緯を教えてください。

元々、関西で各々が違うバンドをやっていて、
その時からの知り合いでそれぞれ色んなタイミングで脱退とか解散とかがあったりした中で
ギターボーカルの手塚を中心にタイミングが重なって今のURARACAとして活動しようということで結成されました。

メンバー皆様それぞれの音楽的なバックグラウンドを教えてください。

Vo.Gt手塚:
元々、家が音楽好きで姉の影響でよく家で音楽番組が流れてたり家族でコンサートに行ったりピアノを習ったりしていた事で音楽が好きになって、
特に歌を歌うのが好きになりました。なので今でも歌が良い音楽、歌がなくても歌っているような音が流れている音楽が好きです。

Gt.ぼーい:
初めてステージで弾いた楽器はベースでした。今も主に家でベースを弾いてます。ベース楽しい。

Ba.鳥石:
XのVHSが全てです!

URARACAの曲ができるまでのプロセスを教えてください。

ボーカルの手塚が曲の全体像をまず弾き語りや仮のデモを作って、
イメージをメンバーに伝えてそこからスタジオやメンバーの家で広げていって作っています。

競合として意識しているアーティストを教えてください。

スピッツやフジファブリックです。

キャリア最初の音源「human E.P」では三島想平さん(cinema staff)など現役で活躍されているアーティストが
制作に参加されていますがその中で感じたことや糧になったことがあれば教えてください。

元々、三島さんとはメンバーの前のバンドの時から色々気にかけてくださっていて、
URARACAとしての音源を録ってくださる時にこのバンドでどういう音を出したいかというのをすごく分かってくださっていたので、
とてもやりやすかったですし、とても引き出してもらえたと思っています。
三島さんが作られている楽曲もポップの要素をすごく大事にされていると自分たちは感じていたので、
レコーディングの時も僕達の出したい音を出すにはこうしたら更に良いんじゃないかなと言って頂いた事がすごく勉強になりました。

「Nephew」のMVを拝見しました。
爽やかで軽快なテンポの曲とは対照的に歌詞からは自問自答や焦燥感という言葉が連想されますが、
MVを作成した上でコンセプトのようなものがあれば教えてください

MVの中で大事にしたのは、清涼飲料水のような爽やかさをイメージしながら監督さんと話し合って作りました。
歌詞に関しても今までとこれからの自分と向き合った内容になっていて自問自答や焦燥感も確かにありますが、
必ず希望や光は抱えた状態で最後は温かさや光へ向かった希望に満ちた内容になっていると思っています。
それは曲の爽やかさや温かさと繋がっていると思っていてMVでも表現されていると思います。

現在活動されている、またはする予定のシーンについて、意識されている課題はありますか。

自分達の音楽は何かのカテゴリーにピタリと当てはまるものではないと思っていて音楽には色んなポップの捉え方があると思っているので、
共通するところとしてポップっていう要素を大事にしている場所には居たいと思っています。
シーンというものに感じる課題は特にないです。もっと自由があればいいのになと思うぐらいです。

メンバー皆様の個人として音楽を続けるモチベーションと、
URARACAとして音楽をするモチベーションを教えてください。

Vo.Gt.手塚:
今までは誰かの為にとか、これだけ周りの人達にお世話になったのだから恩返ししないとっていう気持ちがモチベーションとして強かったですが、
URARACAをやろうと思って上京する時に今まで思っていたその気持ちはこれからも大事にするけれど、
一番大事にしないといけないことは自分自身がやりたいか歌いたいかどうかだなというのを思って、
まだやりたい、歌いたいという思えている事がモチベーションです。
誰かの為にばかりだと自分自身の責任を周りに委ねてしまっている部分もあるなと思ったので、
いつか自分の為に努力した事が周りの為になると僕は思ったので、今は良い意味で自分の為に頑張りたいと思っています。

Gt.ぼーい:
個人的な音楽を続けるモチベーションはやっぱりベースですね。

Ba.鳥石:
音楽が生活だからです!

URARACAとして音楽をするモチベーションは、Baの鳥石が言っていた事と同じになりますが、これが生活だからです。

今後、バンドとしての目標やプランを教えてください。

今はアルバムの制作に向けて動いています。
バンドとしての目標は自分達の活動によって音楽を鳴らし続けられるようになる事です。

読者へのアピールやメッセージをお願いします。

聴いてくれるひとの日々の生活の中でURARACAの音楽が少しでも背中を押したり拠り所になれればいいなと思います。
僕らが届けていく音楽を自分の好きなタイミングで良いので受け取ってくれたらいいなと思います。

Official WEB:https://www.uraraca.info/
Twitter:https://twitter.com/URARACAoffici
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCzAQsE1alXkgBuLDekuM1RA

Pocket
LINEで送る